フレット仕上げ

板フレットの仕上げ方

必要な道具


まず必要なものはレベルを見るスケール
10cmほどの短いものと15cmの市販されいるスケール
短いものは15cmのものをカットしてもよい



スケールの直線を確認したら
それに合せて短いスケールも直線の確認をする
これはほぼ直線になっている
直線になっていない場合はダイヤモンド砥石などで修正する



フレットのレベルを確認する際は1フレットから見ていく
最初に1弦側にこのようにスケールを当て
光に透かせデコボコがないか確認する
なければそのまま6弦側までスライドさせ全弦の確認をする
次に1フレットずらし2フレットから4フレットまでを見る
こうして最後まで確認作業をする

場合によっては各弦のところだけ1フレットから順次
2フレット、3フレット・・・と見ていく場合もある

このときのフレット面の仕上げ方は後に述べます



短い方のスケールは
このようにナットの溝の深さの確認にも使うことができる



これはフレットの頭を揃えるときに使う、自家製のヤスリ
荒削り用と仕上げ用の2種類あると便利である
写真のものは仕上げ用で、ヤスリを適当な長さにカットし
取っ手をロウ付けしたもの
溶接でももちろん良いと思う
手軽に行うにはハンダ付けでもいけると思うが
試したことがないのでなんとも言えない
当然ながら削り面のレベルは確認しておく必要がある



これはフレットの頭を丸めるためのヤスリ
7mm巾のヤスリを断面が55度ほどの傾斜の
台形になるようにグラインダーで形成する
グラインダーで削った後はサンドペーパーなどでなめらかに仕上げておく
写真はその55度の角度でフレットの頭を削っているところ
なめらかな部分が指板に当るようにヤスリを動かす
こうすると指板に傷が付きにくい



上の方法でおおまかに角が取れたらヤスリを裏返し
反対側の面でフレットの頭の部分を丸めていく
この面も、ヤスリの角が指板に当っても
傷が付きにくいように少し面取りをしておく

動画UPしました



棒状の平ヤスリでは、表面板上のフレットは削りにくいので
このようなコテ状のヤスリを使う
写真のものは、少しだけ面取りをしたもので
私は表面版上のフレットはこれだけで仕上げている

断面が台形のものがどうしても必要ならば
もう1本作っても、もちろん構わない

エボニーフレットの場合は
私は彫刻刀で形成した後このヤスリで仕上げている



ここのように薄い金属板を置き
ヤスリの傷が付かないようにする方法もある
これはカミソリの刃を使っているが
フレットの高さが低い場合はやりにくい場合がある
マスキング・テープを使う場合もある
指板に付いた傷はスクレーパーなどで削り落とす



ヤスリ加工が終わったら、サンド・ペーパーでヤスリの傷を消す
私は写真のようなシリコン・カーバイドの600番を使っている



サンド・ペーパーを保持するパッドは自作したもの
堅いものと柔らかいものがあると便利である
左のものは木にゴムを貼ったもの
右のものは発泡ウレタンに5mm厚のアクリル板を貼り付けたもの



1フレット側からフレットと平行にサンド・ペーパーを動かし
ヤスリの傷を消していく



それが終わったら、柔らかめのパッドを使い
パッドの角でフレットの頭を丸めるように
1フレットから5フレットくらいまで一気にパッドを移動させる
これを最後のフレットまで行い、次にフレットの反対側を同様に研磨する
このときは19フレットから行うことになる



最後に、このように人差し指にペーパーを当て
上記と同じ要領でフレットの頭を丸めるように研磨する



仕上げとしてスチールウールで磨き上げる
これは#000の細かさのもの

フレットと平行に磨きサンドペパーの傷を消していく
これが済んだら、指板をフィニッシング・オイルで仕上げる
フィニッシング・オイルは溶剤でやや薄めにしたものを使った方がやり易い
以上が私が行っている板フレットの仕上げ方である

最後にフレット面の仕上げ方の概略を述べておきます
仮に、弦を張って調弦をした状態での1フレットから
19フレットまでのフレット面のラインが直線だとする
このときに、まずローポジションを押弦した際
弦がビレないように弦高を確保した場合
12フレット付近の弦高は必要以上に高くなっている場合が多い
それは、押弦した際の弦の振幅とブリッジサドルからの弦の角度の違い
それから弦の振幅巾がローポジションとハイポジションでは
違うためそうなるのであるが、ここでハイポジションでの弦高を
適度な高さまで下げるとローポジションでは低くなりずぎる
それを補うためにローポジションの弦高だけ高くなるように
指板、あるいはフレットを削り込む
こうすれば両方のポジションでの適度な弦高が確保できることになる
この状態を4フレット付近からフレットの高さだけを見ていくと
3−2−1フレットと徐々に高くなっている
ちょうど、Jの字を横に倒して曲がりを
緩やかにしたようなラインを作るわけである




参考までに、これはヴァイオリン族の指板の仕上げ方だが
(資料提供:日本弦楽器製作者協会)
ギターもこれと同様の処置をすると良い効果が得られる
ただし、この資料では弓反り状のラインにするとされているが
この状態ではギターの場合、ハイポジションがビレる恐れがあるので
指板の中ほど以降は直線かあるいは下がり気味くらいがよい

このJラインの曲がりの程度は、楽器の特性に合った
微調整をすると、より良い効果が得られる
私は楽器によっては1弦側と6弦側を
違った曲がり具合にする場合もあります



スカロップ指板の仕上げ方はこちら

古典音律フレッティングはこちら


製作工程                        Home