出土砥石について

2008年のある日、砥石の夢を見ました
これまで砥石に夢中になっていた時でも
夢にまで見ることはなかったので
どうしてなのかな・・と思っていたら
翌日の新聞で淡路島(あわじしま)の弥生時代の遺跡
五斗長垣内遺跡(ごっさ・かいと遺跡)から
石器を作っていた工房跡と
鉄器工房と思われる建物の跡が発見された
という記事が載せられていて、その遺跡からは
砥石も出土したと書かれてあったのです
これは砥石から呼ばれているにチガイナイ
ということで、現地説明会に行ってきました
その後の遺跡の様子



その遺跡は淡路島の北西部に位置する
兵庫県淡路市黒谷(くろだに)五斗長(ごっさ)にある
弥生時代後期(西暦50年〜200年)の垣内(かいと)遺跡です
夢で見た砥石は数種類あったような気がしますが
はっきり覚えているのは最初に出てきた
神社の境内にある手水舎のような所に
水に浸されて置かれている仕上砥石です
色は薄い茶色地にこげ茶色の環状模様が入っているもの
大きさは巾10cmほど、長さは20cm以上あったでしょう
研ぎ面は日本刀を研ぐもののように膨らみが付けられていました

もう一つは、これは明らかに伊予砥でした。中砥です。
白地に細かい斑点がありました
大きさは最初に出てきた仕上砥よりもはるかに長く
60cm以上はあったでしょう
巾と厚みは10cmはありました
その砥石の持ち主が、山から切り出した様子を説明してくれていて
斜め30度ほどの傾斜の切り通しの崖にこのようになっていた
という話のとうりに、手許にあったはずの砥石が崖に収まっているのです・・
これをなんとか譲ってもらえないかと頼んだら
2千円でいいよ、と軽く返事が来て
いや、それでは安すぎるから1万円で買いますと私・・
頭の中で「これは長いので、三つに切って一個1万円で売れるゾ
一つは手許に残して二つ売ったら1万円の儲けじゃ・・」
などと腹黒いことを考えていたら
もわ〜っと砥石は消えてしまったのでありました・・




これは但馬砥(たじまと・中砥)に似ていますが
よく似た石英質の石もあり、これはこちらの篠山川でも見かけるものですが
石英質の石でしたら砥石としては使えません
私が見たところ石英質の石ようでした・・
砥石として使った跡も見られませんね・・疑問が残るところです




これは夢に見た伊予砥にそっくりの色あい、質感でした
中砥としてはやや細かい粒子のように思えます
硬さもやや硬めの印象を受け、大きさは砥石としては小さく
長さ8cmほどでした




これは光沢のある緻密な石質で
日本に産する砥石ではこのようなものはまだ見たことがありません
かなり硬質な感じを受けます
砥石として使ったのならば、最終仕上げとして使われたものだと思います
大きさは縦・横それぞれ8cmほど
これも砥石としては小さめです
アメリカ産のアルカンサス砥石によく似ています




これも長さ10cmほどの砥石としては小さなもので、厚みも薄い
中砥である京都丹波産の青砥によく似ています
参照





兵庫県神戸市中央区の雲井遺跡の発掘の様子
2009年2月



ビルの建設現場から発見された
縄文時代から鎌倉時代に及ぶ遺跡
神戸の中心街である三宮一帯は
広く古代の遺跡が広がっています
この写真は北東の山側を背に南西の海側に向かって撮影





これは砥石として使われたと思われる石の一つですが
元々は銅剣の鋳型として使われたものだそうです
石の中央部に見える深めの溝は鋳型としてのものではなく
明らかに勾玉の背や、管玉の丸い部分を磨いたものと思われます
この石は、砥石としては粒度は細かく
おそらく仕上げ磨きに使われていたものと思われますが
現在使われている砥石では同様のものを私は目にしたことがありません
また、京都産の仕上げ砥石のように側が層にはなっていないので
頁質粘板岩系ではなく、三河名倉砥のような凝灰岩系の感じです





この面を見ると(向かって右側の断面)
上部から半分ほど切り込みを入れ
そこから打ち割っている形跡が見られます
銅剣の鋳型ですから、本来はもっと長いものだったはずで
それを玉の加工職人が砥石に転用したものと思われるのです
砥石は、硬い粒子が粘土状に結合しているものなので
容易に削り加工をすることができます
ですから、このような石を鋳型として使ったのだと思います









裏側も砥石として頻繁に使われた跡があります
因みにこれと同様のものが、昭和22年に福岡県の
志賀島勝馬でも発見されています(参照
こちらは兵庫県尼崎市で発見されたもの
これも砥石として使われた形跡があるということです
そしてこちらは佐賀県吉野ヶ里遺跡から出土している様々な鋳型





これも砥石として使われていたと思われるもの
これは上の石よりは石質はやや荒く
現在の中砥として使われている但馬砥に似ています





これは上の「雲井遺跡」から2kmほど西にある
生田(いくた)遺跡から2006年に出土した小型の砥石
これは上に紹介した砥石と石質がよく似ています
穴が開けられているのは、ここに紐を通して
携帯用として使っていたことも考えられます





以下、日本の古代遺跡から出土している砥石を
紹介しておきます































最後に参考として
これは古代西アジア(ハッスーナ)の遺跡から
出土しているものです





2011年3月、福岡県春日市から出土している砥石を
ブログで紹介しました





       2010年8月、出土砥石を手に入れました。
     詳しくはブログで紹介しています(参照  その2





兵庫県三田市 三輪・餅田遺跡で出土した砥石



Back           Home