19世紀ギター ラコート・タイプ
Lacote



ルネ・フランソワ・ラコート、この名を思い浮かべる度に
畏敬の念を抱いてしまいます
また、楽器全体のバランスをとるのに
ぎりぎりのところまで攻め込んでいるところに
製作家としての気概を感じます
ラコート自身が音作りをしているものは現存しているものが少なく
ほとんどのものは工房の職人によって作られたものです
ラコートは当時から人気が高く、多くの模造品が作られました
それが現在でもラコート・ギターとして流通しています




弦長:620〜645mm

材質
top:ヨーロッパスプルース
side&back:メープル
neck:リンデン エボニー巻き
又はメープル巻き
bridge:エボニー
finger-bord:エボニー
(スカロップ仕上げも可)

ニス仕上げ
セラック・ニス
フレンチポリッシュ仕上げ

price:¥500000


フレッティングは西垣正信氏設計の
  古典音律(バロッティ&ヤング音律)
鈴木勝氏設計のSuzuki 音律も可能です




















指板はスカロップ仕上げも可


***************************************************************************

ラコート・タイプ  マシンヘッド




弦長630mm




裏・横板はWalnutウォルナット材




表板はヨーロッパスプルース
製材されてから40年近く経っているものを使用
指板はスカロップ仕上げ























*********************************************************************

ギヤ式ペグヘッドを取り付けたもの









参照


フレッティングは西垣正信氏設計の
  古典音律(バロッティ&ヤング音律)
  鈴木勝氏設計のSuzuki 音律も可能です


2011年作ラコート・タイプを使った演奏動画
by Masanobu Nisigaki

作者自身による演奏動画
同じく歌の伴奏

2013年新作

ラコートタイプ レッド・ギター

製作工程


問い合わせは 
でお願いいたします

Back                                    Home