ラプレヴォット・タイプ製作工程






表板のヨーロッパ・スプルース






ほぼ出来上がった響板

動画 

サウンドホール切り抜き

サウンドホール縁飾り溝彫り

サウンドホール縁飾り接着

響板力木接着面仕上








裏板のメープル材(一枚板)
通常は一般的な2枚接ぎです

これからあのヴァイオリンのような
美しいふくらみを削り出す








裏板は表側の膨らみから取りかかる
鑿(ノミ)で荒削りをし
カンナとスクレーパーを使ってなめらかに
仕上げていく








裏板のふくらみが完成
このあと内側を削り、厚みを出す
響版とのバランスをとるには
どうしても熟練が必要

動画 その1 その2 








ヘッドの加工








ネックとヘッドの接合








横板を曲げる








ブロックとライニング
(のりしろ)の接着








ライニングのぜい肉を削り取る
動画参照下さい








裏板の仕上げにとりかかる

ノミでタッピングをしながら
削り込んでいく

動画 その1 その2








裏板完成

裏板をタッピングし反応をみるときは
ネックの材質、表板の具合など
できるだけ多くの情報を頭の中に入れ
出来上がりをシミュレーションする。

表板、裏板の厚みを仕上げる際は
カリパーなど測定道具にたよらずタッピング音で判断する。
何ミリの厚みになったというのは
あくまでも結果にしかすぎないので
これに振り回されないように。
オリジナルをコピーするときには
特に気を付けたほうがよい。








ラプレヴォットはヴァイオリンも作っていたためか
ネック・ジョイントのホゾはストレートになっている
一般的に、この当時のミルクール製のギタ-は
ホゾ組みではなく、ボディとネックはベタ貼りされて
いるものが多い。ラコートもそうである(参照








ネックの接着








この段階でこの楽器の性格は
もう出来上がっている
あとは、シミュレーションどうりに
指板とブリッジを接着すれば
ほぼ完成








黒檀の縁飾り
私は3パーツに分けている








縁飾りの接着

このように楔(くさび)で圧着する方法と
ゴムバンドや紐で縛る方法があります
どちらの方法にも一長一短があります








指板の接着








ブリッジの接着
ブリッジを接着する場合
私はできるだけ弱い圧着で
行うように心がけている
接着面の調整が厄介だが
ブリッジの仕上げには時間を惜しまない








ネックを仕上げる
この作業は指板のニカワが
完全に乾いてから行なう
私は1週間以上放置してから行っている
ネックと指板は交互に少しずつ削り込んでいく








木地の仕上り















これからニス塗りを行う
今回は、赤みがかったこげ茶にしてほしい
という注文者からの要望により
そのように仕上げていく

まずは、薄いイエロー・セラックを数回塗る








これは上記とは別色のセラックニスを
10数回塗ったもの















まだまだ塗り重ねるが
この段階でフレットを入れる
このフレットは真鍮の板で、厚みは1mm
板フレットの仕上げ方はここを参照








ペグ、ブリッジ・ピン、エンドピンを作る
材質はコクタン。ペグ材は厚みを確保するために
別の木を貼り足している








ペグの輪郭を削っていく








輪郭の出来上がり
この後つまみの部分を仕上げる








出来上がり








完成






























質問などありましたら
遠慮なくお問い合わせください


E-mail


製作工程動画 You Tube

銀杏型サウンドホール製作工程

その他のラプレヴォット・タイプ


ミルクール・タイプ製作工程

ラコート・タイプ製作工程

パノルモ・タイプ製作工程


Back                                 Home